シーン

シーン機能について

場面切り替えを素早く行いたい!

ここまでで紹介した機能を複数用いる場合、セッション中の場面切り替えが煩雑になってしまいます。前景や背景を変えて、BGMを変えて……と操作が多く大変です。

シーン機能を用いると、セッション中にワンクリックで場面を切り替えることができます。


シーン機能

シーン機能は、盤面を保存・反映する機能です。以下の要素をシーンとして保存できます。

  • 前景・背景

  • BGM

  • マーカーパネル

また、それぞれのシーンに対し、以下の2つの要素を設定できます。


シーンの設定・削除

シーンの作成

2. シーン一覧右上の+ボタンをクリックする

現在の盤面が保存されている新しいシーンが作成されます。

新しいシーンは、シーン一覧の一番下、もしくは選択しているシーンのすぐ下に作成されます。 デフォルトのシーンタイトルは「新しいシーン」です。

シーン名とシーン切替テキストの編集

シーンタイトルをクリックすると、シーンタイトルとシーン切替テキストの編集画面が表示されます。

ここでシーンタイトルとシーン切替テキストを設定できます。

シーンの上書き保存

上書き保存をしても、シーンタイトルとシーン切替メッセージはそのまま保持されます。

シーンに保存されている要素(前景・背景・BGMなど)を個別に変更することはできません。保存したい状態に盤面を整えて、上書き保存で変更してください。

削除

シーンの並び順変更

シーンをドラッグ&ドロップすることで、シーンをリスト内の任意の位置に移動させることができます。


シーンの反映

シーン一覧のサムネイルをクリックすると、シーンを盤面へ反映できます。盤面に反映する項目を絞ることも可能です。

最終更新