立ち絵・差分

キャラクターの立ち絵・差分機能の使い方について

キャラクターに命を吹き込め!

キャラクターにポーズや感情表現を設定しておくと、セッションはより盛り上がるでしょう!


立ち絵・差分画像の追加/削除

立ち絵・差分の追加

以下の手順でキャラクター編集画面から立ち絵・差分を追加できます。 (立ち絵のみならキャラクター画像の設定で説明されている方法でも設定できます。)

  1. 立ち絵・差分と書いてある部分の + ボタン をクリックする

  2. 画像選択ウィンドウから立ち絵を選択する

  3. 設定したい差分すべてが入力できるまで1,2の操作を行なう

  4. ラベルを設定する

ラベルに設定したテキストを利用して差分を変更することができます。後述のチャットパレットに登録したり、覚えやすい名前をつけたりすると良いでしょう。

差分の削除


差分を切り替える

差分を切り替える方法は2種類あります。

  • キャラクター編集画面から切り替える

  • チャット欄から切り替える

キャラクター編集画面から切り替える

チャット欄から切り替える

  1. 差分を変更したいキャラクターを選択する 下の画像の□で囲まれた部分をクリックすると、キャラクター選択画面が表示されます。

  2. 設定したラベル名を入力してチャットを送信する

通常差分の追加

差分を切り替えた後に通常差分に戻す予定がある場合、通常差分も設定しておきましょう。


差分はルームチャットの末尾に反応して切り替わります。これを利用し、ダイスロールの結果やチャット欄に表示されないテキストを用いて差分を切り替えることができます。

ダイスロールの結果に応じて差分を切り替える

ダイスロールの結果が失敗だったら失敗差分に切り替える ーそんなこともできちゃいます!

例えば「クトゥルフ神話TRPG」ならば、ダイスロールの結果を示すチャットの末尾は4種類あります。

  • > 決定的成功/スペシャル

  • > 成功

  • > 失敗

  • > 致命的失敗

これらをそれぞれラベルとして設定すると、ダイスロールの結果に応じて自動的に差分が変更されます。

@以降のテキストはチャット欄に表示されない

例えば、あいうえお@かきくけこと送信すると、表示されるのはあいうえおだけですが、かきくけこがチャットの末尾の文字として認識されます。

例えば差分のラベルに@怒ると設定してXXX@怒ると送信すると、画像が切り替わってチャット欄にXXXと表示されますが、 @怒る は表示されません。

また、@通常のように最初から @ をつけた状態で送信した場合、チャット欄には何も表示されず、ただキャラクター画像が差分に切り替わります。

差分のラベルの優先度

差分に設定したラベルのうち2つ以上がチャットの末尾と一致した場合、より長いラベルの差分が優先的に適用されます。

例えば、失敗致命的失敗の2つのラベルを用意したとします。ダイスロールの結果が致命的失敗となった場合は両方がチャットの末尾と一致しますが、より長い致命的失敗のラベルが設定された差分に変更されます。

そのため、ダイスロールの結果と連携させたい差分に> 失敗> 致命的失敗ではなく失敗致命的失敗とラベルを設定しても問題ありません。

とはいえ、複数のラベルが同時にチャットの末尾と一致することがないように設定すると、想定外の動作が起きにくくなります。

最終更新