立ち絵・差分

編集中のページです

キャラクターに命を吹き込め!

オリジナルのキャラクターにポーズをつけさせたり、感情を表現したりすることはセッションを盛り上げることに大いに役立つでしょう!

立ち絵・差分画像の追加

立ち絵・差分と書いてある部分の[+]ボタンをクリックします。 画像選択ウインドウが表示されるので、好きな差分を選択しましょう。 選択すると、立ち絵・差分が追加されます。

ラベルの入力

チャット欄からラベルに入力したテキストを使って差分を変更することができます。覚えておきやすい名前を付けておきましょう。

差分の削除

設定した差分を削除したい時は、[-]ボタンをクリックすると一番下にある差分が削除されます。

通常差分の追加

切り替えた後、再び通常差分に戻したいのであれば、「通常」差分も用意しておきましょう。

差分を切り替える

キャラクター編集画面から手動で切り替える

ラベルの右にチェックマークが付いています。

  • 切り替えることができる画像(差分)には白色

  • 現在キャラクター画像として設定されている画像(差分)には灰色

色が白になっているチェックマークをクリックすると、編集ウィンドウ上のキャラクター画像が切り替わります。そして、編集ウインドウを閉じると盤面上のキャラクター画像も切り替わります。

チャット欄から差分を切り替える

次にチャット機能と連携して、差分を切り替える方法です。まず、差分を変更したいキャラクターを選択します。チャット欄の「キャラクター選択」アイコンをクリックすれば、キャラクターを選択可能です。(詳しくはこちら

それでは、先ほど設定した差分名を入力して、チャットを送信してみます。例えば設定されたラベルが通常であれば、そのままチャットに通常と入力して送信すると、キャラクター画像が変更されます。

チャット連携の応用

@以降のテキストはチャット欄に表示されない

例えば、`あいうえお@かきくけこ`と送信すると、表示されるのは「あいうえお」だけですが、実は「かきくけこ」が末尾文字として認識されています。

これを利用すると、例えば差分名を「@怒る」とすれば、「...」@怒ると送信すると、無事に画像は切り替わり、セリフの後の「@怒る」はチャット欄に表示されません。

また、最初から@通常のように@をつけた状態で送信した場合は、チャット欄には何も表示されず、ただ画像が切り替わります。

と送信すると、無事に画像は切り替わり、セリフの後の「@怒る」はチャット欄に表示されていません。

ダイスロール結果に応じて差分を切り替える

ダイスロールの結果が失敗だったら失敗差分に自動で切り替える...そんなこともできちゃいます。 差分はチャット欄の末尾に応じて切り替わります。 ですので、遊ぶゲームシステム毎にダイスロール結果がどのように表示されるか確認しましょう。 例えば、「クトゥルフTRPG」であれば、ダイスロールの末尾は

  • > 決定的成功/スペシャル

  • > 成功

  • > 失敗

  • > 致命的失敗

といったものになっています。 これらをラベルとして登録することで、ダイスロールの結果に応じて、キャラクター差分が表示されることになります。

優先度の話

差分のラベルは、差分のラベルが二つ以上マッチした時に長いラベルが優先的に適用される、という形で実装されています。ダイスロールに連携させる差分のラベル名を設定する際、厳密に言えば、わざわざ>を入れなくても"失敗"と"致命的失敗"だけで問題ありません。

ダイスロール結果の末尾が「致命的失敗」だった場合、ラベルに設定されている"致命的失敗"と"失敗"の両方にマッチするが、"致命的失敗"のラベルの方が長いので"致命的失敗"が適用される。という処理が走るからです。

ですので、">"を必ずしも入れる必要はないのですが、できるだけ一意になるように設定しておくことで、想定外の動作が起きにくくなります。